大阪・梅田地下街の眼科「渡部眼科 ホワイティうめだ眼科クリニック」です。阪急「梅田」駅より徒歩3分、JR「大阪」駅より徒歩3分、その他各線梅田駅からも徒歩圏内。さまざまな目の悩み、トラブルなど気になる症状がございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。土日祝日も診療しております。

論文や著書

論文や著書 2019年3月31日現在

講演・学会・研究会発表 一覧はこちら

1984年(昭和59年)

  • 細谷比左志,春田恭照,大本達也,木下 茂,田野保雄:Kearns-Sayre症候群の興味ある眼底所見.臨眼38(12):1220-1221,1984
  • 細谷比左志,切通 彰,春田恭照,大本達也:重症筋無力症患者に発生した多発性硬化症の2例.眼臨78:1413,1984(抄)

▲ページ先頭へ戻る

1985年(昭和60年)

  • Shimomura Y,Ohashi Y,Watanabe H,Hosotani H,Kinoshita S,Manabe R,et al:Therapeutic efficacy of interferon on HSV-1 ocular infection in mice. In Herpes Viruses and Virus Chemotherapy: Pharmacological and Clinical Approaches: edited by Kono,R & Nakajima A. Excerpta Medica, Amsterdam, 1985, p233-234.
  • 岡本茂樹,田野保雄,細谷比左志,春田恭照,大本達也,中尾雄三:Bloch-Sulzburger症候群の網膜凝固療法.臨眼40:1141-1146,1985

▲ページ先頭へ戻る

1986年(昭和61年)

  • 赤木 泰,細谷比左志,渡辺 仁,下村嘉一,濱野 孝,木下 茂,眞鍋禮三,西田輝夫:当科における最近3年間の全層角膜移植術成績.眼紀 37:83-87,1986
  • 細谷比左志,下村嘉一,渡辺 仁,大橋裕一,眞鍋禮三:イオントフォレーゼによるペプシン処理免疫グロブリンの眼内移行について.眼紀 37:999-1001,1986
  • 細谷比左志,田野保雄,玉田玲子,真野富也,梅本真代,前田直之,福田全克,眞鍋禮三:糖尿病性角膜症に対するアルドース還元酵素阻害剤(CT-112)の効果.眼紀 37:1359-1365,1986

▲ページ先頭へ戻る

1987年(昭和62年)

  • 岡本茂樹,西川憲清,細谷比左志,玉田玲子,池田恒彦,田野保雄:空気潅流下硝子体手術に続発した駆逐性出血の3例.臨眼 41:255-258,1987
  • 池田恒彦,田野保雄,玉田玲子,細谷比左志,宮浦 徹,佐藤 勝,西川憲清:無硝子体眼の白内障手術.臨眼 41:863-866,1987
  • 池田恒彦,田野保雄,玉田玲子,細谷比左志:網膜硝子体疾患の外来手術の経験.眼紀 38:1487-1491,1987
  • 前田直之,池田恒彦,細谷比左志,玉田玲子,田野保雄,井上 健:精神分裂病患者の網膜剥離.眼臨81:1663-1665,1987

▲ページ先頭へ戻る

1988年(昭和63年)

  • Ohashi,Y.,Matsuda,M.,Hosotani,H.,Tano,Y.,Ishimoto,I.,Fukuda,M.& Manabe,R.:Aldose Reductase Inhibitor (CT-112) Eyedrops for Diabetic Corneal Epitheliopathy. Am J Ophthalmol, 105:233-238,1988.
  • Ohashi,Y.,Watanabe,H.,Kinoshita,S.,Hosotani,H.,Umemoto,M.& Manabe,R.: Vitamin-A Eyedrops for Superior Limbic Keratoconjunctivitis. Am J Ophthalmol,105:523-527,1988.
  • Ohashi,Y.,Mano,T.,Umemoto,M.,Hosotani,H.,Tamada,R.,Tano,Y.,Matsuda,M.,Fukuda,M.& Manabe,R.: The effects of aldose reductase inhibitor (CT-112) on diabetic keratoepitheliopathy. In Polyol pathway and its role in diabetic complications. 231-236,1988.
  • 池田恒彦、田野保雄、細谷比左志、中谷一、生島操、日下俊次:胞状裂孔原性網膜剝離に対する術前ガスタンポナーデ.眼科 30:639-643,1988
  • 細谷比左志、田野保雄:角膜表層穿刺の奏功した糖尿病性角膜症の3症例. 臨眼 42:13-16, 1988.
  • 池田恒彦、田野保雄、細谷比左志、中江一人、生島操、日下俊次:透析中の増殖性糖尿病性網膜症に対する硝子体手術 臨眼 42:1075-1077, 1988.
  • 大橋裕一、松田司、石本一郎、福田全克、眞鍋禮三、細谷比左志、田野保雄:アルドース還元酵素阻害剤(CT-112)点眼液が奏功した糖尿病性角膜症の2例.眼紀 39:915-916,1988.
  • 前田直之、細谷比左志、大橋裕一、福田全克、眞鍋禮三、堀江透:アルドース還元酵素阻害剤(E-1008)の点眼による眼内分布.眼紀 39:2311-2317,1988.
  • 細谷比左志、田野保雄:眼内レンズ(人工水晶体)挿入術の実際.月刊ナーシング 8:562-563,1988.

▲ページ先頭へ戻る

1989年(平成元年)

  • 細谷比左志:角膜知覚検査.眼紀 40:418-419,1989.
  • 渡辺仁、下村嘉一、細谷比左志、眞鍋禮三、佐藤孝三郎、和田透:インターフェロンのHSV-1潜伏感染抑制効果.眼紀 40:1470-1473,1989.
  • 本倉真代、吉田弘俊、細谷比左志、大橋裕一:ガンマグロブリン製剤が奏効した実質型角膜ヘルペスの2例.眼紀 40:2951-2955,1989.
  • 田中正信、松田司、下村嘉一、濱野孝、眞鍋禮三、細谷比左志、木下渥、原二郎、湖崎弘:白内障術後の水疱性角膜症の発生について.臨眼 43:232-233,1989.
  • 池田恒彦、田野保雄、細谷比左志、中江一人、生島操、日下俊次:ガス白内障.臨眼 43:956-959,1989.
  • 池田恒彦、田野保雄、細谷比左志、中江一人、生島操、日下俊次、井上新:硝子体手術後に高度の遠視化を呈した糖尿病性牽引性網膜症の2例.臨眼 43:1132-1133,1989.
  • 池田恒彦、田野保雄、細谷比左志、中江一人、生島操、日下俊次:硝子体手術後の前部輪状牽引による網膜再剝離例の対策.臨眼 43:1407-1410,1989.
  • 中江一人、日下俊次、生島操、細谷比左志、池田恒彦、田野保雄:朝顔症候群の網膜剥離.臨眼 43:1677-1682,1989.
  • 吉田弘俊、本倉真代、細谷比左志、真野富也、大橋裕一、川津友子:ベーチェット病にみられた再発性結膜炎の1例.臨眼 43:1901-1904,1989.
  • 池田恒彦、田野保雄、細谷比左志、中江一人、生島操、日下俊次、井上新:増殖糖尿病網膜症の硝子体手術後前部眼内増殖による遠視化.あたらしい眼科 6:1091-1095,1989.
  • 細谷比左志、田野保雄、玉田玲子、池田恒彦、笹岡厚子、駒井嘉美、松田久美子:出血傾向のある症例に対する硝子体手術.あたらしい眼科 6:1897-1900,1989.

▲ページ先頭へ戻る

1990年(平成2年)

  • 前田直之、濱野孝、細谷比左志、岩崎直樹、坂本ランドル、光永サチ子、濱野光:Topographic Modeling System(TMS)の使用経験.あたらしい眼科7:585-590,1990.
  • 前田直之、岩崎直樹、細谷比左志、濱野孝、光永サチ子、濱野光:角膜形状解析の臨床応用 –初期円錐角膜の診断とコンタクトレンズ処方-.日コレ誌32:59-62,1990.
  • 細谷比左志、佳波真弓、吉田弘俊、大橋裕一、谷口永津、荒木かおる、小澤孝好、原二郎:白内障術後眼のコンタクトレンズ連続装用による角膜上皮の変化-上皮スペキュラー・マイクロスコープによる観察-.日コレ誌 32:108-112,1990.
  • 細谷比左志:硝子体切除眼におけるIOL挿入術.眼科手術 3:165-170,1990.
  • 細谷比左志:眼内レンズ(3)移植術の適応拡大:6.硝子体切除眼におけるIOL挿入術.眼科手術 3<ビデオ版>No.2,1990.
  • 細谷比左志:マイクロウェーブ凝固装置による角膜屈折矯正手術.大阪大学医学雑誌 42:35-46,1990.
  • 細谷比左志:サル眼に移植されたヘパリン表面処理眼内レンズに対する炎症反応.Current Insights in Ophthalmic Surgery 2:8-9,1990.
  • 細谷比左志:外来通院による白内障手術および人工水晶体挿入術.医療 44:379-384,1990.
  • 細谷比左志:角膜上皮.眞鍋禮三監修,角膜クリニック,4-6,医学書院 1990.
  • 細谷比左志:乳児・新生児の角膜混濁.眞鍋禮三監修,角膜クリニック,69-76,医学書院 1990.
  • 細谷比左志:角膜外傷.眞鍋禮三監修,角膜クリニック,113-115,医学書院 1990.
  • 細谷比左志:知覚検査.眞鍋禮三監修,角膜クリニック,143-145,医学書院 1990.
  • 細谷比左志:形状異常:小角膜,巨大角膜.眞鍋禮三他監修,目でみる眼科確定診断(上),20-21,メジカルビュー社 1990.
  • 細谷比左志:角膜厚・角膜知覚の測定法.眼科診療Q&A,72-75,六法出版 1990.

▲ページ先頭へ戻る

1991年(平成3年)

  • Matsuda,M.,Kinoshita,S.,Ohashi,Y.,Shimomura,Y.,Ohguro,N.,Okamoto,H.,Omoto,T.,Hosotani,H. & Yoshida,H.: Comparison of the effects of intraocular irrigating solution on the corneal endothelium in intraocular lens implantation. Br J Ophthalmol 75:476-479,1991.
  • 細谷比左志、田野保雄、池田恒彦、日下俊次、生島操、中江一人、眞鍋禮三:角膜表層穿刺(Anterior stromal puncture)の奏効した糖尿病性角膜症の7症例.眼紀 42:841-845,1991.
  • 細谷比左志、木田一男、佳波真弓、大本達也:塩酸ニカルジピン(ペルジピン®)注による術中高血圧の治療.臨眼 45:1211-1214,1991.
  • 前田直之、岩崎直樹、細谷比左志、松田司、大橋裕一、木下茂、眞鍋禮三:円錐角膜の角膜形状分類と臨床所見.臨眼 45:1737-1741,1991.
  • 細谷比左志:外来通院による白内障手術.IOL 5:196-203,1991.
  • 細谷比左志:ダイヤモンド状炭素膜をコートした眼内レンズの開発.New Diamond 7:21-25,1991.
  • 細谷比左志:角膜.丸尾敏夫、西信元嗣、増田寛次郎編,眼科学辞典,メディカル葵出版,1991.
  • 西田幸二、大橋裕一、荒木かおる、宇野敏彦、小川憲治、諏訪雄三、細谷比左志:主要眼疾患 Select100.眼科MRテキスト,参天製薬,1991.

▲ページ先頭へ戻る

1992年(平成4年)

  • Hosotani,H.,Ohashi,Y.,Kinoshita,S.,Ishii,Y.,Awata,T. & Matsumoto,T.: Effects of topical aldose reductase inhibitor (CT-112) on corneal sensitivity of diabetic rats. Invest Ophthalmol Vis Sci 33:772,1992.
  • 檀上真次、細谷比左志、池田恒彦、大橋裕一、木下茂、田野保雄、合田美佐子、春田恭照:角膜混濁を有する症例に対する硝子体手術.臨眼 46:817-820,1992.
  • 前田直之、細谷比左志:瞼板縫合.臨眼 46:1056-1057,1992.
  • 前田直之、細谷比左志、池田恒彦、渡邉潔、大橋裕一、木下茂、眞鍋禮三:ハイリスク角膜移植に対するシクロスポリン内服の効果.臨眼 46:1071-1076,1992.
  • 細谷比左志:角膜表層穿刺.臨眼 46:1664-1666,1992.
  • 細谷比左志:再発性角膜上皮びらん.角膜疾患への外科的アプローチ,24-25,メジカルビュー社 1992.
  • 細谷比左志:円錐角膜とその類縁疾患.角膜疾患への外科的アプローチ,66-69,メジカルビュー社 1992.
  • 細谷比左志:Terrien角膜変性.角膜疾患への外科的アプローチ,70-71,メジカルビュー社 1992.
  • 細谷比左志:眼科雑誌紹介.『眼科研修医マニュアル』,ファーマインターナショナル,1992.

▲ページ先頭へ戻る

1993年(平成5年)

  • 新谷真紀,池上博司,川口義彦,細谷比左志,三木哲郎,荻原俊男:角膜移植術を施行したWerner症候群の2症例.日本老年医学会雑誌 30:503-505,1993.
  • 中村孝夫,細谷比左志,井上幸次,楠目佳代,宇野敏彦,大橋裕一,木下茂:Werner症候群に対する全層角膜移植術.臨床眼科 47:1078-1079,1993.
  • 真鍋禮三監修,田野保雄,木下茂,大橋裕一,不二門尚,細谷比左志編集:眼科検査法,南江堂,東京,1993.
  • 細谷比左志:スペキュラーマイクロスコピー,角膜上皮.真鍋禮三監修,田野保雄他編集『眼科検査法』34-35頁,南江堂,東京,1993.
  • 細谷比左志:Wilson病.田野保雄,澤 充,坪田一男編,カラーアトラス眼病変を読む-全身疾患と眼-.124-125頁,診断と治療社,東京,1993.
  • 細谷比左志:ムコ多糖症.田野保雄,澤 充,坪田一男編,カラーアトラス眼病変を読む-全身疾患と眼-.126-127頁,診断と治療社,東京,1993.
  • 細谷比左志:糖尿病角膜上皮症.『眼表面疾患の診療』82-86頁,文光堂,1993.

▲ページ先頭へ戻る

1994年(平成6年)

  • Hosotani H, Ohashi Y, Yamada M and Tsubota K : Reversal of corneal epitheliopathy in diabetic patients by aldose reductase inhibitor. Invest Ophthalmol Vis Sci 35(4, suppl): 1945, 1994.
  • 細谷比左志,大橋裕一,大黒伸行,桑山泰明,木下茂:アルゴン・レーザー虹彩切開術後に生じた水疱性角膜症.臨眼 48:420-422,1994.
  • 細谷比左志,牧野勲,下村嘉一,井上幸次,大橋裕一:Infectious crystalline keratopathyが疑われた角膜移植眼の2例.臨眼 48:1164-1165,1994.
  • 下村嘉一,山本修士,姚玉峰,細谷比左志,切通彰,井上幸次:鎮静期の角膜ヘルペス患者涙液における単純ヘルペスウイルスDNAの検出.眼紀 45:481-483,1994.
  • 前田直之,細谷比左志,宮田和典,崎元卓,Stephen D Klyce, 濱野光:臨床における角膜形状評価法.日コレ誌 36:62-67,1994.
  • 細谷比左志:白内障,ノンセクション.眼科ベーシックポイント.専門医のための力の400題.96-97,100-101,104-107,240-258,メジカルビュー社,1994.
  • 細谷比左志:検査薬剤 1瞳孔剤 2検査用色素・検査用薬剤.眼科医のための薬剤マニュアル.125-135頁,南江堂 1994.

▲ページ先頭へ戻る

1995年(平成7年)

  • Hosotani H, Ohashi Y, Yamada M and Tsubota K : Reversal of abnormal corneal epithelial cell morphologic characteristics and reduced corneal sensitivity in diabetic patients by aldose reductase inhibitor, CT-112. Am J Ophthalmol 119:288-294, 1995.
  • Hosotani H, Schwab IR, Chang S, de Sousa LB, Mannis MJ: Clinical application of tandem scanning confocal microscopy. Invest Ophthalmol Vis Sci 36(4, suppl): S38, 1995.
  • 細谷比左志:屈折矯正手術の歴史.『カラーアトラス,角膜屈折矯正手術』 3-13頁,診断と治療社,東京,1995.

▲ページ先頭へ戻る

1996年(平成8年)

  • Jacot JL, Glover JP, Robison JW, Hosotani H, et al :Diabetic-like loss of corneal sensitivity in the 50% galactose fed rat is ameliorated with topcal administration of an aldose reductase inhibitor. Invest Ophthalmol Vis Sci 38: S508, 1996.
  • Sousa LB, Mannis MJ, Schwab IR, Cullor J, Smith W, Hosotani H, Jaynes J: The use of synthetic cecropin(D5C) in disinfecting contact lens solutions. CLAO J 22:114-117, 1996.
  • Hosotani H, Ohashi Y, Kinoshita S, Matsumoto T, Awata T: Effects of topical aldose reductase inhibitor CT-112 on corneal sensitivity of diabetic rats. Curr Eye Res 15:1005-1007, 1996.
  • 細谷比左志,大橋裕一,桑山泰明,木下 茂:アルゴンレーザー虹彩切開術後に生じた水疱性角膜症の検討.大阪府病医誌,19:52-57, 1996.
  • 細谷比左志:糖尿病角膜症.特集,最近増えている角結膜疾患とその治療.あたらしい眼科 13:845-851, 1996.
  • 細谷比左志:糖尿病角膜症.オキュラーサーフェスToday, 臨床眼科増刊号,45-48頁,医学書院,東京,1996.
  • 細谷比左志:Ⅳ検査薬剤.瞳孔薬,検査用色素,検査用薬剤.眼科薬剤クイックリファランス,大橋裕一,木下茂,田野保雄編.127-139頁,南江堂,東京,1996.
  • Hosotani H, Keller LC : Scleroderma. In Eye and Skin Disease, p185-189, edited by Mannis MJ, Macsai MS and Huntley AC, Lippincott-Raven Publishers, Philadelphia, 1996.
  • 細谷比左志:クリスタリン角膜症.眼科診療プラクティス21,眼感染症治療戦略,大橋裕一編,208-210頁,文光堂,東京,1996.
  • 細谷比左志:縫合材料と縫合法.眼科手術書①総論,清水昊幸,丸尾敏夫監修,水流忠彦編,151-159頁,南山堂,東京,1996.
  • 細谷比左志:水晶体,白内障.眼科ベーシックポイント改訂2版,専門医のための力の500題.田野保雄,木下茂,大橋裕一監修,106-119頁,メジカルビュー社,東京,1996.
  • 細谷比左志:ノンセクション.眼科ベーシックポイント改訂2版,専門医のための力の500題.田野保雄,木下茂,大橋裕一監修,266-285頁,メジカルビュー社,東京,1996.
  • 細谷比左志:臨床問題.眼科ベーシックポイント改訂2版,専門医のための力の500題.田野保雄,木下茂,大橋裕一監修,287,290,296,306,307,310頁,メジカルビュー社,東京,1996.
  • 細谷比左志:スペキュラーでわかる異常.コンタクトレンズAd Libitum.大橋裕一,木下茂編,93-98頁,南江堂,東京,1996.
  • 細谷比左志:治療用コンタクトレンズ.コンタクトレンズAd Libitum.大橋裕一,木下茂編,116-119頁,南江堂,東京,1996.
  • 細谷比左志:無水晶体眼.コンタクトレンズAd Libitum.大橋裕一,木下茂編,122-124頁,南江堂,東京,1996.
  • 細谷比左志:角膜上皮への影響.コンタクトレンズAd Libitum.大橋裕一,木下茂編,143-144頁,南江堂,東京,1996.
  • 細谷比左志:角膜内皮への影響.コンタクトレンズAd Libitum.大橋裕一,木下茂編,145-147頁,南江堂,東京,1996.
  • 細谷比左志:トロピカミド・塩酸フェニレフリン点眼による点状角膜上皮症の1例.副作用データベース,診断と治療増刊号,733頁,診断と治療社,東京,1996.
  • 細谷比左志:レーザー虹彩切開術,気をつけるべき副作用.緑内障Today,臨床眼科増刊号,113-116頁,医学書院,東京,1996.
  • 細谷比左志:乳幼児の角膜混濁.小児眼科Q&A.あたらしい眼科臨時増刊号,121-124頁,メディカル葵出版,東京,1996.
  • 細谷比左志:眼科雑誌紹介.眼科研修医マニュアル.田野保雄,大橋裕一,木下茂監修,198-202頁,ファーマインターナショナル,東京,1996.

▲ページ先頭へ戻る

1997年(平成9年)

  • Shimomura Y, Hosotani H, Kiritoshi A, Watanabe H, Tano Y : Core vitrectomy preceding triple corneal procedure in patients at high risk for increased posterior chamber pressure. Jpn J Ophthalmol 41:251-254, 1997.
  • Imanaka H, Taenaka N, Nakamura J, Aoyama K, Hosotani H : Ocular surface disorders in the critically Ⅲ. Anesth Analg 85:343-346, 1997.
  • Glover JP, et al (incl. Hosotani H) : Diabetic-like loss of corneal sensitivity in galactose-fed rats: intervention therapy with CT-112, an aldose reductase inhibitor. Invest Ophthalmol Vis Sci 38: S508, 1997.
  • 細谷比左志:ダイヤモンド状炭素膜を被覆した眼内レンズの物理的性状.日眼会誌 101:841-846,1997.
  • Nishida K, Honma Y, Dota A, Kawasaki S, Adachi W, Nakamura T, Quantock AJ, Hosotani H, Yamamoto S, Okada M, Shimomura Y, Kinoshita S : Isolation and chromosomal localization of a cornea-specific human keratin 12 gene and the detection of four mutations in Meesmann’s corneal epithelial dystrophy. Am J Hum Genet. 61:1268-1275, 1997.
  • 細谷比左志:糖尿病角膜症.オキュラーサーフェスToday, 臨床眼科増刊号,45-48頁,医学書院,東京,1997.
  • 細谷比左志:Ⅳ検査薬剤.瞳孔薬,検査用色素,検査用薬剤.眼科薬剤クイックリファランス,大橋裕一,木下茂,田野保雄編.127-139頁,南江堂,東京,1997.

▲ページ先頭へ戻る

1998年(平成10年)

  • Nishida, K., Honma, Y., Dota, A., Kawasaki, S., Adachi, W., Hosotani,H., Yamamoto, S., Shimomura, Y., Kinoshita, S.: Mutations in cornea-specific keratin 12 cause Meesmann’s corneal epithelial dystrophy. Invest Ophthalmol Vis Sci 39: S1, 1998.
  • Tomii, S., Schwab, I.R., Mannis, M.J., Hosotani, H., Kinoshita, J.H., Lane, J.A., Sutphin, J.E., Cho, B., Holland, E.J. : Evaluation of human corneal epithelium in diabetic patients with keratitis by in vivo confocal microscopy. Invest Ophthalmol Vis Sci 39: S1032, 1998.
  • Hayashi H , Hori, Y., Kawaguchi, A., Hosotani, H., Watanabe, H. : Developmental appearance of occludin, a tight junction integral protein, in the rabbit corneal epithelium. Invest Ophthalmol Vis Sci 39: S1037, 1998.
  • 細谷比左志:写真セミナー,Hudson-Stahli線.あたらしい眼科 15: 661-662,1998.

▲ページ先頭へ戻る

1999年(平成11年)

  • 細谷比左志,生島操,本倉真代,浜野孝,大橋裕一,木下茂,眞鍋禮三:Meesmann角膜上皮変性症の3家系.臨床眼科,53:437-443,1999
  • 細谷比左志:血管新生緑内障にて急激に視力低下をきたした1症例. 症例に学ぶ糖尿病合併症,専門医のみるポイント46,河盛隆造,神田勤,柏木厚典,渥美義仁,門脇孝編,35-38頁,メジカルビュー社,東京,1999
  • 細谷比左志:角膜上皮障害.イラストでみる今日の眼科手術12,増殖糖尿病網膜症,166-169頁,メジカルビュー社,東京,1999
  • 細谷比左志:角膜上皮障害.眼科診療プラクティス53:網膜硝子体手術のトラブルシューティング.45頁,文光堂,東京,1999

▲ページ先頭へ戻る

2000年(平成12年)

  • 細谷比左志:特集眼内レンズの生体適合性に関する最近の話題。表面処理眼内レンズ。IOL&RS 14:125-132,2000
  • 細谷比左志:ヒアルロン酸ナトリウム点眼液により改善した涙液減少症を合併した糖尿病角膜症の1例 。Pharma Medica 18:154-155,2000
  • 細谷比左志:角膜表層穿刺(Anterior Stromal Puncture)により治癒した糖尿病角膜症の1例 。Pharma Medica 18:156-157,2000
  • 細谷比左志:Fabry病.新図説臨床眼科講座 3角結膜疾患,97-98頁,メジカルビュー社,東京,2000.
  • 細谷比左志:シスチン症,チロシン症.新図説臨床眼科講座 3角結膜疾患,99-101頁,メジカルビュー社,東京,2000.
  • 細谷比左志:多発性骨髄腫.新図説臨床眼科講座 3角結膜疾患,102-103頁,メジカルビュー社,東京,2000.
  • 細谷比左志:薬剤沈着(アミオダロン,クロロキン).新図説臨床眼科講座 3角結膜疾患,104-105頁,メジカルビュー社,東京,2000.
  • 細谷比左志:anterior stromal punctureの適応と方法.眼科診療プラクティス,角結膜疾患の手術療法.95頁,文光堂,東京,2000.
  • 細谷比左志:白内障,水晶体,ノンセクション.眼科ベーシックポイント.専門医認定試験のための力の555題.112-129,278-303,327,328-329,332-333頁,メジカルビュー社,東京,2000.
  • 細谷比左志:角膜障害.眼科術後管理トラの巻.182-183頁,メジカルビュー社,東京,2000.
  • 細谷比左志:角膜内皮障害.今日の眼疾患治療指針.159頁,医学書院,東京,2000.
  • 細谷比左志:角膜厚測定、涙道検査.今日の眼疾患治療指針.599-601頁,医学書院,東京,2000.

▲ページ先頭へ戻る

2001年(平成13年)

  • 細谷比左志:角膜の知覚検査.月刊眼科診療プラクティスVol.72,本田孔士編、眼痛の診かた 29頁,文光堂,2001
  • 細谷比左志:Ⅵ角膜,Ⅸ水晶体,ⅩⅡ眼窩,ⅩⅦ全身疾患と眼,ⅩⅩ付の執筆および編集.真鍋禮三監修 眼科学――疾患とその基礎――.メディカル葵出版.東京,2001

▲ページ先頭へ戻る

2002年(平成14年)

  • 細谷比左志:シンポジウムⅡ:糖尿病と角膜障害.角膜障害の臨床像.眼紀53:428-434,2002.
  • 細谷比左志:臨床写真スタジオ:アカントアメーバ角膜炎.眼紀53:845-846,2002.
  • 細谷比左志(翻訳,編集責任者):ウィルズ・アイ・ホスピタル 眼科診療のための診断治療マニュアル.メディカルビュー社,東京,2002.

▲ページ先頭へ戻る

2003年(平成15年)

  • 瀬口道秀,奥村真理子,原田純,秋宗千花,長谷川利英,稲澤かおり,細谷比左志,切通彰,前田直之:全層角膜移植後の抜糸による角膜形状変化のフーリエ解析.眼紀 54:350-353,2003.
  • 細谷比左志:眼科セカンドオピニオオン。よくわかる眼の話。銀海舎,東京,2003.

▲ページ先頭へ戻る

2004年(平成16年)

  • 細谷比左志:眼感染症セミナー9.Infectious Crystalline Keratopathy. あたらしい眼科21(2):213-214,2004.
  • 細谷比左志:特集に当たって:角膜の新しい手術治療.IOL&RS 18(1):2,2004.
  • 細谷比左志:Ⅳ検査薬剤.1.瞳孔薬,2.検査・手術用色素,検査用薬剤・材料.大橋裕一,木下茂,田野保雄編,眼科薬剤クイックリファランス改訂第2版.137-149頁,南江堂,東京,2004.
  • 細谷比左志:アレルギー性結膜炎.樋田哲夫監訳:エビデンス眼科.16-27,銀海舎,東京,2004.
  • 細谷比左志:急性細菌性結膜炎.樋田哲夫監訳:エビデンス眼科. 28-30,銀海舎,東京,2004.
  • 細谷比左志:ウイルス性結膜炎.樋田哲夫監訳:エビデンス眼科. 31-34,銀海舎,東京,2004.
  • 細谷比左志:高齢者の視力障害についてのスクリーニング.樋田哲夫監訳:エビデンス眼科. 35-37,銀海舎,東京,2004.
  • 細谷比左志:スペキュラーでわかる異常.大橋裕一,木下茂編集:コンタクトレンズ Ad Libitum.改訂第2版 ,103-108.南江堂,東京,2004.
  • 細谷比左志:治療用コンタクトレンズ.大橋裕一,木下茂編集:コンタクトレンズ Ad Libitum.改訂第2版 ,133-136.南江堂,東京,2004.
  • 細谷比左志:無水晶体眼.大橋裕一,木下茂編集:コンタクトレンズ Ad Libitum.改訂第2版 ,144-146.南江堂,東京,2004.
  • 細谷比左志:アカントアメーバ角膜炎.眼科薬物治療ガイド.51-53,文光堂,東京,2004.  
  • 細谷比左志:角膜知覚測定.眼科検査ガイド.437-438,文光堂,東京,2004
  • 細谷比左志:眼感染症セミナー9.Infectious Crystalline Keratopathy. あたらしい眼科21(2):213-214,2004.

▲ページ先頭へ戻る

2005年(平成17年)

  • 大橋裕一,秦野寛,張野正誉,細谷比左志,日下俊次,檀上眞次,宮本和久:ガチフロキサシン点眼液の眼科周術期の無菌化療法.あたらしい眼科 22(2):267-271,2005.
  • 細谷比左志:オキュラーサーフェスのすべて.糖尿病角膜上皮症.坪田一男編集,眼科プラクティス3.251-257,文光堂,2005  
  • 細谷比左志:眼科所見の捉え方と描き方,水晶体所見記載の基本ルール.田野保雄編集,眼科プラクティス4.79-83,文光堂,2005

▲ページ先頭へ戻る

2006年(平成18年)

  • 細谷比左志:オキュラーサーフェス異常と角膜症.樋田哲夫編集,眼科プラクティス7.糖尿病眼合併症の診療指針,156-161,文光堂,2006.1.23. 
  • 細谷比左志:糖尿病角膜上皮症.特集:基本的な角膜上皮疾患の考え方と治療方法. あたらしい眼科23(3):339-344, 2006.
  • 細谷比左志:白内障診療:常識・非常識. 谷口重雄,綾木雅彦編著,すぐに役立つ眼科診療の知識:白内障,258-264,金原出版, 2006.3.31.
  • 細谷比左志:Kearns-Sayre症候群.田野保雄編集,眼科プラクティス12.眼底アトラス,350,文光堂,2006.11.28. 
  • 細谷比左志:検査薬剤.1.瞳孔薬、2.検査・手術用色素、検査用薬剤・材料。大橋裕一、木下茂、田野保雄編集:眼科薬剤クイックリファランス改訂第2版、137-149、南江堂、2006.

▲ページ先頭へ戻る

2007年(平成19年)

  • 細谷比左志:角膜上皮除去・掻爬.坪田一男編集,眼科プラクティス13.角膜外科のエッセンス,56-57,文光堂,2007 
  • 細谷比左志:糖尿病角膜症について教えてください.木下茂,大橋裕一,井上幸次編集,あたらしい眼科臨時増刊号:角膜疾患Q&A,47-52,メディカル葵出版,2007
  • 細谷比左志:からだと心相談室:「目の前に“黒い虫”が飛ぶ」「突然の飛蚊症.眼底検査が必要です」毎日新聞 4月7日(土)夕刊第4面 2007
  • 細谷比左志:からだと心相談室:「新聞の文字が見えにくい」「ピントを合わす調節力の低下で老眼に」毎日新聞 6月16日(土)夕刊第4面 2007
  • 細谷比左志:からだと心相談室:「緑内障は失明につながる?」「早期発見・早期治療で視力は保てる」毎日新聞 8月11日(土)夕刊第4面 2007
  • 細谷比左志:からだと心相談室:「『加齢黄斑変性』どんな病気?」「中高年に最近多く,たばこが危険因子に」毎日新聞 10月13日(土)夕刊第4面 2007
  • 細谷比左志:角膜移植手術における硝子体圧減圧.田野保雄編集,眼科プラクティス17.みんなの硝子体手術,201-203,文光堂,2007.9.26 
  • 細谷比左志:角膜内金属沈着.鉄症,金症 Hudson-Stahli.大鹿哲郎編集,眼科プラクティス18.前眼部アトラス,170-171,文光堂,2007.11.23 
  • 細谷比左志:Infectious Crystalline Keratopathy.大鹿哲郎編集,眼科プラクティス18.前眼部アトラス,200,文光堂,2007.11.23
  • 細谷友雅,細谷比左志:糖尿病角膜上皮症.大鹿哲郎編集,眼科プラクティス18.前眼部アトラス,224-225,文光堂,2007.11.23 
  • 細谷比左志:先天性遺伝性角膜内皮ジストロフィCHED.大鹿哲郎編集,眼科プラクティス18.前眼部アトラス,265,文光堂,2007.11.23 
  • 細谷比左志:からだと心相談室:「風に当たると涙が止まらない」「鼻腔側からバイパス手術する方法が有効」毎日新聞 11月24日(土)夕刊第4面 2007
  • 細谷比左志:角膜内皮障害.田野保雄、樋田哲夫総編集,今日の眼疾患治療指針.第2版.163-165,医学書院,2007.10.15

▲ページ先頭へ戻る

2008年(平成20年)

  • 細谷比左志:写真セミナー:多発性骨髄腫に伴う角膜混濁.あたらしい眼科25(11):1515-1516,2008
  • 細谷比左志:角膜表層穿刺.大鹿哲郎編集,眼科プラクティス19.角膜小手術,  - ,文光堂,2008

▲ページ先頭へ戻る

2009年(平成21年)

  • 細谷比左志:健康Q&A:「検査では異常ないが 遠くのものが二重に見える」「開散麻痺の疑い まず眼科へ」毎日新聞 3月31日(火)朝刊第17面 2009

▲ページ先頭へ戻る

2010年(平成22年)

  • 細谷比左志:内視現象でなぜ,網膜の血管や赤血球の動きが見えるか?     根木 昭,田野保雄,大橋裕一,坪田一男,大鹿哲郎編集:視覚のサイエンス 眼疾患の謎.228-230,文光堂2010.6.18発行。

▲ページ先頭へ戻る

2011年(平成23年)

  • 細谷 比左志:眼疾患クイックリファレンス―疾患から手術まで150のポイント― 株式会社 診断と治療社 2011年(平成23年)6月30日刊行
    1冊を一人で執筆し刊行。

▲ページ先頭へ戻る

2012年(平成24年)

  • 細谷 比左志:虹彩異常。専門医のための眼科診療クオリファイ12―角膜内皮障害to the Rescue―。中山書店。42-44,2012.

▲ページ先頭へ戻る

2013年(平成25年)

  • 細谷 比左志:角膜上皮障害/再発性角膜上皮びらん。専門医のための眼科診療クオリファイ16-糖尿病合併症の新展開-。 中山書店。142-146,2013.
  • 細谷 比左志:糖尿病角膜症。眼科疾患 最新の治療。南江堂。109,2013年6月15日発刊。
  • 細谷 比左志:角膜内皮細胞密度減少(CL装用による)。スリット所見で診るコンタクトレンズ合併症。メジカルビュー社。46-47, 2013年7月20日発刊。

▲ページ先頭へ戻る

2014年(平成26年)

  • 細谷 比左志:ウイルソン病.写真セミナー365.あたらしい眼科.Vol.31, No.10, 1471-1472, 2014.
  • 細谷 比左志:ランドルト環型角膜上皮炎.写真セミナー366.あたらしい眼科.Vol.31, No.11, 1631-1632, 2014.
  • 細谷 比左志:薬剤沈着(アミオダロン角膜症など).専門医のための眼科診療クオリファイ25:角膜混濁のすべて.21-24頁, 2014年11月28日発行.

▲ページ先頭へ戻る

2015年(平成27年)

  • 細谷 比左志,細谷 友雅:抗癌剤TS-1による遷延性角膜上皮欠損から角膜穿孔に至った1症例.写真セミナー369.あたらしい眼科.Vol.32, No.2, 239-240, 2015.

▲ページ先頭へ戻る

2016年(平成28年)

  • 細谷 比左志:症例報告:CTにおける空気迷入画像には注意しましょう。 日本の眼科」87:5号、696、2016
  • 細谷 比左志:写真セミナー383.Haab’s striae あたらしい眼科33(4)545-546,2016
  • 細谷 比左志:老人環、若年環.一目でわかる眼疾患の見分け方:角結膜疾患,緑内障。27-28ページ メディカルビュー社 2016年4月1日発行。
  • 細谷 比左志:iron line.一目でわかる眼疾患の見分け方:角結膜疾患,緑内障。28ページ メディカル・ビュー社 2016年3月。

▲ページ先頭へ戻る

2017年(平成29年)

  • 細谷 比左志:写真セミナー400. Posterior corneal vesicles. あたらしい眼科 Vol.34 No.9, 1275-1276, 2017

▲ページ先頭へ戻る

2019年(平成31年)

  • 細谷比左志:糖尿病角膜症。眼科疾患 最新の治療 2019-2020:大橋裕一・村上晶編集:南江堂 125頁。2019.3.25発行。

▲ページ先頭へ戻る

<< 院長紹介へ戻る

かんたんネット予約|予約受付はこちらから

診療内容

一般外来(予約可)はこちら ドライアイ診療はこちら オルソケラトロジー治療(完全予約制)はこちら 眼鏡・コンタクトレンズ(予約可)はこちら 手術治療(白内障・緑内障・硝子体・各種レーザー)に関しましては尼崎院にて実施しております。ご要望の方はこちら
初診の方へ 診療時間・休診日 アクセス・地図
渡部眼科 尼崎本院はこちら 渡部眼科 高槻クリニックはこちら

CLINIC INFORMATION

〒530-0013 大阪市北区茶屋町梅田地下街1-4
ホワイティうめだ プチシャン内

お気軽にお問い合わせください

TEL.06-6485-5311
阪急電鉄「大阪梅田」駅
2階中央改札口、3階改札口より徒歩3分
JR「大阪」駅御堂筋出口より徒歩4分
その他各線梅田駅からも徒歩圏内
診療時間 日・祝
10:30~12:30
14:30~18:30

※受付は10:00より行います
★…土曜、日曜、祝日は午後14:30~18:00

休診日木曜

PAGETOP
Copyright © 2019 渡部眼科 ホワイティうめだ眼科クリニック All Rights Reserved.