大阪・梅田地下街の眼科「渡部眼科 ホワイティうめだ眼科クリニック」です。阪急「梅田」駅より徒歩3分、JR「大阪」駅より徒歩3分、その他各線梅田駅からも徒歩圏内。さまざまな目の悩み、トラブルなど気になる症状がございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。土日祝日も診療しております。

加齢性黄斑変性症

加齢性黄斑変性症

網膜の中心部の断面図加齢性黄斑変性症とは、網膜の内層など発生した異常な新生血管によって、網膜が損傷をうける病態です。 下の図は、網膜の中心部の網膜断面図で、正常ではこのようにきれいな層構造を示していますが、この病気では、この整った層構造が新生血管によって破壊され、視力低下の原因となります。
治療方法としては、レーザー治療、特殊なレーザー治療、薬剤投与など様々な方法がとられています。

当院では、3D-OCT(光干渉網膜断層写真)やFAG(蛍光眼底造影検査)で網膜内の構造を詳細に調べ、各病態に応じた最も効果的な治療方法と病態の説明を行っております。 OCT画像
上記が、OCTの画像です。
やや陥凹している部分が網膜の中心部分で中心窩と呼ばれ、視力に最も関係している部位です。
黄斑変性症は、網膜の下にある脈絡膜と呼ばれる部位から発生した異常な新生血管が、網膜のほうへ進展し、網膜の神経細胞や構造を破壊してしまう疾患です。
これまで視機能改善、視力改善が得られにくい治療方法しかありませんでしたが、数年前より光線力学療法(PDT)や薬物療法(ルセンティスなどの硝子体注入)などが行われ、以前より治療による視機能改善が得られる可能性が高くなってきています。
なかでも、ルセンティスなどの硝子体注入は、視機能改善が高い確率で期待できる治療方法で、当院でも採用、施行しております。

尼崎院では、OCTやFAGによる検査で黄斑変性症の病態を詳細に調べ、その病態から分類を行い、その病態に最も治療効果の高い治療方法を説明、施行しております。
また、国内外の文献を参考に、できるだけ最新の知見を患者さんに提供し、病態の理解を第一に考えております。

眼の状態で、よくわからないこと、ご不明な点などがありましたら、遠慮なくご相談ください。

手術治療(白内障・緑内障・硝子体・各種レーザー)に関しましては尼崎院にて実施しております。ご要望の方はこちら

CLINIC INFORMATION

〒530-0013 大阪市北区茶屋町梅田地下街1-4
ホワイティうめだ プチシャン内

お気軽にお問い合わせください

TEL.06-6485-5311
阪急電鉄「梅田」駅
2階中央改札口、3階改札口より徒歩3分
JR「大阪」駅御堂筋出口より徒歩4分
その他各線梅田駅からも徒歩圏内
診療時間 日・祝
10:30~12:30
14:30~18:30

※受付は10:00より行います
★…土曜、日曜、祝日は午後14:30~18:00

休診日木曜

PAGETOP
Copyright © 2019 渡部眼科 ホワイティうめだ眼科クリニック All Rights Reserved.