大阪・梅田地下街の眼科「渡部眼科 ホワイティうめだ眼科クリニック」です。阪急「梅田」駅より徒歩3分、JR「大阪」駅より徒歩3分、その他各線梅田駅からも徒歩圏内。さまざまな目の悩み、トラブルなど気になる症状がございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。土日祝日も診療しております。

緑内障

緑内障

正常な視神経乳頭と緑内障の視神経乳頭緑内障とは、視神経乳頭、視野の特徴的変化の少なくともーつを有し、通常眼圧を十分に下降させることにより、視神経障害の改善あるいは進行を阻止しうる、眼の機能的・構造的異常を特徴とする疾患、と定義されています。
つまり緑内障とは、視神経の疾患で、特徴的な視野欠損などの症状を示し、眼圧を降下させることでその病態の進行を阻止できる可能性がある疾患です。
緑内障の診断は、視神経乳頭などの検査、視野検査などを行い、総合的に判断していきます。

正視眼上記が、そのサンプル画像です。
視神経を撮影(右上部の写真)し、その視神経周囲の網膜の断層写真を撮影したものが、左の図(左上部の写真)です。そして神経線維層の厚みを測定したものが右下のグラフになります。
この神経線維層は、緑内障の進行によりダメージをうけ、ある程度菲薄化してくれば、診察室の顕微鏡でもその所見を観察することは可能になります。
また、画像診断だけでは緑内障の確定診断には至りませんので、これに合わせて視野検査を施行し、視野変化と視神経所見が合致しているかどうかを確認します。
合致していないときには、中枢神経(視神経から脳までの全経路)を精査が必要な時があります。

視野検査では、ハンフリー、ゴールドマン視野の2種類を、当院ではそろえております。
それぞれの視野検査器機で、捉える視野や感度に違いがあり、患者さんに最も適した視野検査を施行していきます。

治療としては、通常、眼圧下降作用をもつ点眼薬をすることで治療していきます。
点眼薬による副作用がないかとうかを確認しながら、点眼薬による眼圧下降効果を確認し、また同時に視野検査を随時施行し、視野が進行していないかどうかを確認していきます。
また、眼圧下降させるもう一つの方法として、レーザー治療(SLT)を当院ではそろえております。
こうした様々な治療でも緑内障の進行(視野の進行)が食い止められない場合、手術を施行します。

CLINIC INFORMATION

〒530-0013 大阪市北区茶屋町梅田地下街1-4
ホワイティうめだ プチシャン内

お気軽にお問い合わせください

TEL.06-6485-5311
阪急電鉄「梅田」駅
2階中央改札口、3階改札口より徒歩3分
JR「大阪」駅御堂筋出口より徒歩4分
その他各線梅田駅からも徒歩圏内
診療時間 日・祝
10:30~12:30
14:30~18:30

※受付は10:00より行います
★…土曜、日曜、祝日は午後14:30~18:00

休診日木曜

PAGETOP
Copyright © 2019 渡部眼科 ホワイティうめだ眼科クリニック All Rights Reserved.